【io18日記】旅のおわり

前回の投稿に続いて、最終日です。









ホテル出発、空港へ

12時20分のフライトだったので、7時ごろに起床し、8時ごろにチェックアウトしてホテルをあとにした。
空港へはUberを呼んで向かった。アメリカではUber本当に便利。

行き先を空港にすると、「スーツケースは1人1点まで」という表示が出てきていて、こういう出し分けもしているのかー、とおもった。



車に乗っている様子。


空港に近づくと、運転手の方にどのターミナルに行くの?と聞かれ、メールを確認してみたけど特にどことか書いていなかったのでターミナル1と答えた。
が、結局そこではなくInternational Terminal Gというところだったので、ちゃんと確認してから行くべきだなあと思った。

空港にて

ターミナル1に着いて、場所が違ったのでなんとかTrain(名前忘れた)に乗ってInternational Terminal Gまで移動。
ANAの手荷物預入のところまで行って、手荷物を預けた。
日本語で対応してくれるという安心感がすごかった。
英語も早く話せるようになりたい。

荷物を預けたあと、お腹が空いたので朝ごはんを食べることに。




アメリカっぽい。美味しかった。

ご飯も食べ終わり、出発まであと1時間半ほどになったので手荷物検査場へ。
靴も上着も脱がないといけなかったりして、わりと厳しい感じだったが、無事に通過。
お土産を買う暇があまりなかったので、空港でそれっぽいお土産を買った。

アメリカ出発


というわけで、飛行機が出発する時間になり、アメリカに別れを告げた。

航空機内にて

行きは色々あったけれど、帰りは特に何もなく無事に過ごすことができた。


機内食おいしかった。

日本到着






無事に日本に帰国。いよいよあとは自宅に帰るだけ。

帰宅

スカイライナーの乗り場へ向かっていると、突然外国人に話しかけられた。
切符を見せられ、この号車はどこにあるの?みたいなことを聞かれた。
たしか5号車付近にいて、1号車までだったのでだいぶ遠くて、一番向こうだよ、みたいな感じで答えた。笑ってありがとうと答えてくれた。


スカイライナーで日暮里駅まで行き、あとはJRと地下鉄に乗って自宅まで。
最寄り駅から自宅まで15分くらいかかるので、最後は疲れがやばかったが、無事に家につくことができた。


余談

現地での通信手段

アメリカに行くときは以前はレンタルWi-Fiを借りて行っていたのだが、今回はT-Mobileの10日間3000円くらいのSIMを買って行ってみた。これを使うと現地の電話番号もその期間だけ使えるし、期間内は無制限で通信できる。
結論からいうと、買って非常に良かった。

▼今回使ったモバイルデータ使用量
 

トータルで7.5GBほど使ったのだが、期間中は無制限で使えるので特にスピードが落ちること無く利用できた。
また、航空機内でSIMを挿しておけばアメリカに着いてすぐ使えるのも良かったし、レンタルWi-FiのようにWi-Fi機器を別途充電する必要もないし持ち歩く必要もないので非常に楽だった。
強いてデメリットを上げるとすれば、期間中に使える電話番号にちょいちょい電話がかかってくることくらい。おそらく使いまわしされている電話番号なので、どこかの業者か何かに電話番号が渡っているのだろうと予想される。電話きた瞬間切ればそんなに何回も書けてくることはないので、特に大きな問題ではなかった。

YouTube Red

向こうで登録したYouTube Redが日本でも使えるのかという話だが、結論からいうと一部機能が使える。

 

YouTube Redの機能としては、広告非表示、オフライン再生、バックグラウンド再生、YouTube Musicなどの機能があるが、日本では広告非表示のみが利用可能となる。
それ以外はおそらく接続元がUSでないと使えないようになっている。
そのため、$9.99 / 月には見合わない機能だと思う。日本では利用しないことをおすすめする。

旅のおわり

長かった旅もここで終わりを迎えた。
昨年は行けなかったGoogle I/Oも、今年は会社で行かせてもらえることになったので、本当にありがたいし、とても楽しかった。
行かせてもらえたことに感謝をしつつ、ここで得た知識や経験を活かしてまた頑張っていきたいと思う。
See you next Google I/O!

人気の投稿

【Android開発】Ubuntuで高速なAndroidエミュレータを使ってみる【Linux】

【Android開発】AppCompatのSearchViewのテキストカラーやアイコンを変更する

【Ubuntu】Ubuntuでの動画再生時でのチラつきを直す