投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

MacでAndroidのエミュレータや実機のgif動画を撮る方法

イメージ
MacでAndroidのエミュレータや実機のgif動画を撮りたいときありますよね。
そんなときに便利な方法を紹介します。

Androidのエミュレータのgif動画を撮る 最近のAndroidエミュレータでは標準でgif動画を撮ることができます。 まずはエミュレータを起動して、右下の三点リーダーを押します。


















左側の「Screen record」メニューをタップしたら、「START RECORDING」を押すだけです。あとは好きなようにエミュレータを操作します。
















撮影が終わったら次のような画面になるので「GIF」を選択して「SAVE」を押します。















こんな感じで簡単に撮ることができます。



















Androidの実機のgif動画を撮る Androidの実機のgif動画を撮る方法はいくつかあるとは思うんですが、今回は「androidtool-mac」を使った方法を紹介します。 mortenjust/androidtool-mac: One-click screenshots, video recordings, app installation for iOS and Android
https://github.com/mortenjust/androidtool-mac
まずはandroidtool-macのreleasesから最新バージョンのAndroidTool.zipをダウンロードしてきます(記事執筆時点での最新バージョンは1.0.36)。









ダウンロードが終わったらzipを解凍して任意の場所にアプリケーションを置き、AndroidTool.appを開きます。











「Command + ,」またはメニューからPreferenceを開き、一番下にある「Also create GIF」にチェックを入れることでmp4動画と同時にGIF動画が出力されるようになります。















Qualityタブで動画の品質を設定することもできるので、好きなように設定します。















設定が終わったら実機を繋ぎます。 このアプリは内部にadbを持っているので、Android Studioを起動しているとうまく認識されない可能性があることに注意してください。なんかうまく認識されなかったり固まったりする場合はデバイスを抜き差しするとだいたい解決します。 接続が成功すると次のように表示されます。