投稿

「個人でアプリを11個公開した結果」と「Function introduction of Google Play Services」というタイトルでDroidKaigiに初めて登壇した

DroidKaigiというエンジニアが主役のAndroidカンファレンスに初めて登壇しました。
今までAndroidの勉強会などで5分のLTをすることは何回かありましたが、DroidKaigiのような大きなカンファレンスで30分の講演をするというのは初めての経験で、色々なことがあったので書き残しておこうかなと思います。

発表内容 まず発表したスライドを載せておきます。





トーク応募 DroidKaigiでは、開催前にトークの応募期間というものがあります。
なので、その期間に自分が話したいことの概要をまとめて応募しました。
DroidKaigi 2015、2016で応募されたトークリストを確認することができたので、私はそれを参考に、応募要項も確認した上で、どんなことを書けば良いのかなぁというのを考えていました。

実際に応募したのは以下の2つです。

「Function Introduction of Google Play Services」 これは、自分が調べて実際に検証などもした「Google Sign-In」「Google Plus One Button」「App Invites」についての話です。
タイトルは悩んだ結果、すべてGoogle Play Servicesに関連するお話だったため、「Google Play Servicesの機能の紹介」という風にすごくざっくりまとめてみたのですが、
なんだか日本語だと微妙な感じだったのでなんとなく英語のタイトルにしてみました。

「個人で11個のアプリを公開した結果」 これはタイトル通り、個人で11個のアプリを公開した結果どうだったのか、というお話です。
この話に興味がある方がいるかどうかが分からなかったのですが、2011年頃から個人で様々な種類のアプリを開発・公開している人はそう多くはないでしょうし、実際どうだったのかという数値を交えた分析結果も個人でないとなかなか出せるものではないと思うので、応募してみることにしました。

これら2つのトークを応募した結果、なんと驚くことに2つとも採択していただきました。
本当にありがとうございました。

2つのうちどちらか採択されたら良いな、という思いで応募したので、まさか2つとも採択していただけるとは思ってもいませんでした。

1つ断ることもできたのですが、初めての大きなカンファレンス…

【Androidアプリ開発】AndroidでのOAuth認証が簡単に実装できるOAuthHelperを作ってみた

イメージ
もうほぼタイトル通りなのですが、AndroidでのOAuth認証と、OAuth認証で取得したAuthTokenの使い方を理解するのにとても苦労したので、OAuth認証が簡単に実装できるOAuthHelperというクラスを作ってみました。ソースコードは以下のGitHubに公開しています。
syarihu/OAuthHelperSample
https://github.com/syarihu/OAuthHelperSample
OAuthHelperとは このOAuthHelperは、自分が使いたいGoogle APIのScopeをインスタンス生成時の引数に渡して認証処理を開始するメソッドを実行することで、後は自動でアカウントの選択、認証許可確認、AuthTokenの取得までを行います。なので、これを使えばAuthTokenが返ってきた後のGoogle APIの処理を書くだけで良くなるので、認証部分を書く手間が省けます。
使い方 これを使うためには、少しだけ準備をする必要があります。 以下にその準備から実装までの手順を記載します。 Google API Consoleで今回利用したいGoogle APIを有効にする
当たり前の話なのですが、Google APIを利用するためにはそのAPIを有効にする必要があります。なので、以下のURLからプロジェクトを作成し、利用したいAPIを有効にします。
https://console.developers.google.com/Google API ConsoleでOAuthのクライアントIDを作成する
AndroidアプリでのOAuth認証では、クライアントキーなどは必要ありませんが、あらかじめGoogle APIを利用するアプリのパッケージ名と署名証明書フィンガープリントを登録しておく必要があります。
これらの登録は、Google API Consoleでプロジェクトを選択し、左側にある「APIと認証」の「認証情報」をクリックし、「新しいクライアントIDを作成」ボタンを押すことで、登録することができます。
クライアントIDの作成画面はこんな感じです。


AndroidManifestに必要なパーミッションを追加する
ようやく実際のソースコードの話になります。OAuth認証を利用するには、以下の2つのパーミッションが必要になります。
<u…

【Android開発】AppCompatのSearchViewのテキストカラーやアイコンを変更する

イメージ
AppCompatのSearchViewのアイコンやテキストカラーを変更しようと思い、style.xmlで変更出来るだろうと考えていたら、どうやらそう簡単にはいかないらしく、変更する方法を見つけるのに意外と手間がかかったので、メモとして書いておきます。

今回の開発環境Mac OS X 10.9.4Android Studio Beta 0.8.6
前準備 まず、SearchViewを追加したいmenuリソースに以下のようにメニューアイテムを追加します。
<menu xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools" xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto" tools:context=".MainActivity"> <item android:id="@+id/search_view" app:actionViewClass="android.support.v7.widget.SearchView" android:icon="@drawable/ic_action_search" android:showAsAction="always" android:title="Search" app:showAsAction="always" /> </menu> 次に、Activityの onCreateOptionsMenu() で SearchView を取得しておきます。
@Override public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) { getMenuInflater().inflate(R.menu.main, …

【Android開発】EclipseからAndroid Studioに移行する

イメージ
Android Wearアプリの開発でAndroid Studioが必須になったり、Eclipseが重かったりして、そろそろAndorid Studioに移行する時期かなと感じてきました。
なので、「EclipseからAndroid Studioに移行しよう!」と思い、いざやってみたら色々なところでつまづいたので、メモとして書いておきます。
インポートするプロジェクトによって様々な問題が出てくると思うので、これをやれば絶対に出来るとは言えませんが、途中まではだいたい同じだと思うので、必要なところだけ参考程度に見ると良いかと思います。
今回必要なものAndroid Studioを実行可能なPC
今回はMac OS X 10.9.3最新のAndroid Studio
今回はAndroid Studio 0.8.2Gradle
途中で導入します
EclipseプロジェクトからGradleに必要なファイルをエクスポートする EclipseからAndroid Studioに移行するためには、まず移行したいEclipseプロジェクトからGradleに必要なファイルをエクスポートする必要があります。なので、まずはエクスポートするところから始めます。

Eclipseを起動し、「File」から「Export...」を選択



「Android」の中にある「Generate Gradle build files」を選択し、次へ



そのまま次へ



エクスポートしたいプロジェクトをチェックし、次へ



エクスポートされるプロジェクトを確認し、「Finish」を押す。この際、エクスポートしたいプロジェクトで使用しているプロジェクトライブラリも一緒にエクスポートされる。(既にエクスポート済みのプロジェクトライブラリがある場合は、「Finish」が押せない状態になるので、その場合は下にある「force overriding of existing files」にチェックを入れる)



エクスポートが完了すると、このようになります。選択したプロジェクトのフォルダ以下を確認すると、Gradleに必要なファイルが生成されています。


以上で、エクスポートは終わりです。

Gradleを導入する Android Studioでは、Gradleというビルドツールを使用します。 そのため、Android Studioを起動する前にGradl…

【Android Wear 開発】LG G WatchでBluetooth経由のデバッグをしてみる

イメージ
先日、楽しみにしていたLG G Watchがようやく届きました。


なので、早速Android Wear 開発の勉強をしようかなと思ったのですが、コードを書く以前に実機でデバッグをする方法(を見つけるの)に思った以上に時間がかかってしまったので、メモとして書いておきます。

今回は以下の公式のチュートリアルに書いてあることを参考にやっていきます。
Debugging over Bluetooth | Android Developershttp://developer.android.com/training/wearables/apps/bt-debugging.html
必要なもの 今回必要なものは、以下の4つです。 Android Studioを実行できるPC
今回はMac OS X 10.9.3Android Wearの端末
今回はLG G WatchAndroid Wearに接続できるAndroid端末(Android 4.3以上の端末)
今回はNexus 7(2013)Android Studio Android Wearアプリを開発するためには、Android Studioが必須らしいので、Eclipseで開発することはできません。現時点での最新バージョンは0.8.1みたいなので、上のリンクからダウンロードし、解凍後、任意の場所にコピーして起動します。
ホストデバイスのUSBデバッグを有効にする まず初めに、Android WearにBluetooth経由で接続するためのホストデバイスのUSBデバッグを有効にします。
これは、Androidアプリ開発をしたことある人ならば既に有効になっていると思いますが、一応書いておきます。

設定の「開発者向けオプション」をタップ


「USBデバッグ」をタップ


「OK」ボタンを押す


もし「開発者向けオプション」が表示されていない場合は、端末情報からビルド番号を7回タップすると表示されます。

Android WearのBluetoothデバッグを有効にする Android Wearにも、普通のAndroid端末と同じ様に「開発者向けオプション」が用意されています。
最初の状態では表示されていないはずですので、まずは表示するところから始めます。

設定ボタンをタップ


端末情報をタップ


ビルド番号を7回タップ


「これでデベロッパーになりま…