投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

[Qiita] 新卒1年目を振り返って、Androidアプリエンジニアとしてやって良かったこと

※この記事は以前Qiitaに投稿されていた古い記事ですはじめに今までは学生として個人でAndroidアプリの開発をひっそりとやっていたのですが、会社に入ってから、これからはもっと知識や視野を広げて成長していきたいなと思い、いろいろと挑戦してみることにしました。
そんなの既にやってるよ!と言うかたもいるかもしれませんが、自分がやってみて良かったなーと思ったことを書いてみようと思います。
文章で書くと読みづらいような気がしたので、箇条書きで書きます。Android Developers Blogを見る新しいSupport LibraryとかGoogle Play Servicesがリリースされたとか、そういう情報はここを見ておけば間違いない気になったり分かんないことは深く調べてみるあんまり他の人が調べていないような内容は、Qiitaに投稿してみるここで得た情報、調べた内容は仕事で役に立つことが結構ある!Android Developers Blog
http://android-developers.blogspot.jp/Qiitaをよく見る、積極的に投稿してみる今までQiita書いたことなかったいきなりQiitaに投稿するのこわいQiita:Teamという社内Qiitaがあったので投稿してみたら少しいいねついて自信がついたよし、パブリック投稿してみよう!ストックされると嬉しいで、自分が詰まった内容や調べた内容を積極的に投稿するようになった勉強会への参加、LT発表今まで勉強会に参加したことなかった参加するのこわいけど、とりあえず参加してみたなんか自分が知らないことがたくさんあって勉強になったネタで発表してる方もいて面白い自分もあんな風に発表したい!LT枠への参加で悩むけど勢いで参加ポタンをポチる内容はAndroid Developers Blogを見ていて自分が気になって調べたこととかをLTした shibuya.apk #5 ( New Google Sign-In API )shibuya.apk #6 ( App Invites for Android )最初はこわかったけど自信ついた懇親会で話しかけてきてくれる方もいて、他の会社のAndroid開発者と交流する良い機会になるこれからも続けたいAndroid関連のイベントへ参加Google for MobilePr…

[Qiita] Androidの新しいGoogleサインインAPIについて

イメージ
※この記事は以前Qiitaに投稿されていた古い記事です
はじめに GoogleがGoogle Play services 8.3をリリースした際に、その新機能の1つとして新しいGoogleサインインAPIを公開しました。
GoogleサインインをAndroidで実装するためには、以前は実装がとても面倒かつ分かりづらいものでしたが、これが簡単に実装できるようになったのが、新しいGoogleサインインAPIです。これにより、ユーザーエクスペリエンスも向上します。
この内容については以前、勉強会で発表したのですが、今回はQiita記事として書こうと思います。
基本的に以下のGoogle Play Developersの記事を参考に書いているので、より正確な情報を見たい場合にはそちらを参照してください。
Integrating Google Sign-In into Your Android App
https://developers.google.com/identity/sign-in/android/sign-in Googleサインインとはどういうものか だいたいこんな感じのやつです。
ログインボタンを押す

Android端末にログインしているアカウントを選択する

許可する

許可されたAPIが使えたりアカウント情報が取得できる(∩´∀`)∩

許可すると、ユーザーのGoogleアカウントの「アカウントに接続されてるアプリ」から確認できるようになる

Googleサインインを使うための前提条件Google Play Storeを含むAndroid 2.3以上Google APIプラットフォームベースのAndroid 4.2.2以上を実行するAVD 設定ファイルを取得する 設定ファイルには、サービス固有の情報が記述されています。それを取得するためには、Google Developers Consoleから既存のプロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを作成する必要があります。また、アプリのパッケージ名と署名証明書のSHA-1ハッシュも必要となります。
プロジェクトが既にある場合は、以下のページから必要な項目を入力し、「google-services.json」をダウンロードします。
Enable Google services for your app

ダウンロードしたら…

[Qiita] ConoHaを使ってCentOS 7.2でMinecraftサーバーを立てる

イメージ
※この記事は以前Qiitaに投稿されていた古い記事です
はじめに 友人に頼まれてMinecraftサーバーを立てることがたまにあるので、メモとしてまとめておきます。
これが正しいやり方というわけではなく、こういうやり方もあるという前提で見ていただけると助かります。
Linuxをあんまり触ったことがない人でも分かるように書くつもりですが、分からなかったらググってなんとかしてください!
ConoHaとは ひと月900円から使えるVPSサービスです。
特長 -【ConoHa】
https://www.conoha.jp/conoha/features なぜConoHaなのかこのは可愛い安い 以上。
ConoHaの可愛さは以下にアクセスするか、
ConoHa - スマート&パワフルなクラウドの新提案。ひと月900円から。
https://www.conoha.jp/conoha 言語設定をこのはにすると、きっと分かります。

必要なものConoHaアカウント
以下のページからアカウントを作っておいてください。
https://www.conoha.jp/conoha/register ConoHaでサーバーを作る 左のメニューから、サーバー追加ボタンを押す

プランとイメージを決める

だいたいこんな感じで。
メモリに関しては、少人数でプレイするなら1GBで充分だとは思いますが、人数が多くなってくると1GBだと重いかもしれません。
VPSを一度停止すればプランの変更は可能なので、重く感じたらプランを変更するというのもアリだと思います。
rootパスワードはサーバーに入るときに必要になるので、任意のパスワードを入れておいてください。
オプションを決める

接続許可ポートは「すべて許可」にしないとTCP以外通らなくなってしまうので、「すべて許可」にしておきます。
SSH Keyはsshで接続するのであればここで作成しておくと便利ですが、今回の説明では使わないので「使用しない」にしておきます。
サーバーを追加する

値段などこれで良ければ、「追加」ボタンを押します。
サーバーが正常に作成されているか確認する
追加ボタンを押したら、自動的にサーバーリストに移動し、「構築中」になっているのが確認できます。
5秒くらい待ってからページをリロードすると、こんな感じで起動中に変わるので、これで…