[Qiita] Google Playのクローズドベータ版テストでメールアドレスを指定して公開する

※この記事は以前Qiitaに投稿されていた古い記事です

はじめに

ふと、Google Playのクローズドベータ版テストを試してみたくなって使ってみたので手順を書いてみました。

Google Playのクローズドベータ版テストについて

Google Playで決まったユーザーのみにアプリをテストしてもらいたい場合、クローズドベータ版テストを使用することができます。
クローズドベータテストには以下の3種類がありますが、今回はメールアドレスを指定する方法でテストを公開してみます。
  1. メールアドレスを指定して公開する
  2. Googleグループのユーザーに公開する
  3. Google+コミュニティのユーザーに公開する

前提条件

  • テスターのメールアドレスはGoogleアカウントまたはGoogle Appsアカウントであること

テスト開始手順

テスターの設定

  1. Google Play デベロッパーコンソールにログイン
  2. アプリを選択
  3. 左のメニューから[APK]を選択
  4. タブの中央にある[ベータ版テスト]を選択
    スクリーンショット 2016-01-15 10.23.01.png
  5. [クローズドベータ版テストを設定]を選択
    スクリーンショット 2016-01-15 10.24.15.png
  6. [Create list]を選択
    スクリーンショット 2016-01-15 10.25.10.png
  7. リスト名を入力(「〜事業部」や「〜チーム」など、リスト内のテスターがどのような人なのかを識別するための名前を入力する)
    スクリーンショット 2016-01-15 10.26.33.png
  8. メールアドレスを入力(以下の3通りのどれか)
    • メールアドレスを1つずつ入力してカンマかエンターを押す
    • カンマ区切りのメールアドレスをコピペしてエンターを押す
    • CSVファイルをアップロードする
      スクリーンショット 2016-01-15 10.49.21.png
  9. [保存]を押す
  10. 公開したいリストにチェックを入れる
    スクリーンショット 2016-01-15 13.20.07.png
  11. 右上の[更新を送信]を押す
    (製品版の公開と同じく即時公開はされないため、公開されるまで少し時間がかかる)
  12. 青い枠で囲われているオプトインURLをテスターに共有する
    スクリーンショット 2016-01-15 13.22.09.png
公開したベータ版をそのまま製品版に移行するには[製品版にプロモート]を押すことで、簡単に移行できます。
スクリーンショット 2016-01-15 13.54.29.png

APKを公開する

  1. Google Play デベロッパーコンソールにログイン
  2. アプリを選択
  3. 左のメニューから[APK]を選択
  4. タブの中央にある[ベータ版テスト]を選択
  5. [ベータ版に新しいAPKをアップロード]を選択
    スクリーンショット 2016-01-15 13.27.16.png
  6. APKファイルを選択
    スクリーンショット 2016-01-15 13.31.50.png
  7. [このバージョンの新機能]を記載する
  8. [ベータ版に今すぐ公開]を押す

テスター側のテスト参加手順

  1. テスターのメールアドレスでGoogleアカウントにログインし、共有された以下のようなオプトインURLを開く
    https://play.google.com/apps/testing/パッケージ名
  2. [テスターになる]を押す
    スクリーンショット 2016-01-15 13.30.49.png
  3. テスターになれたら、[Gooogle Playからダウンロード]ボタンからPlayストアのページに遷移できるので、そこからPlayストアへ遷移する
    スクリーンショット 2016-01-15 13.44.47.png
  4. アプリをインストールする
  5. 開発者がベータ版を公開すると通常のアプリの更新と同様に通知が届くので、更新通知が届いたらアプリをアップデートする
  6. ベータ版のアプリをテストし、開発者にフィードバックする
テストを終了したい場合は、オプトインURLのページから[テストプログラムを終了]ボタンを押し、アプリをアンインストールしてもう一度アプリをインストールすると公開版のアプリに切り替えられます。

おわりに

社内の人など知っている人にアプリをテストしてもらいたい時には、メールアドレスを使って公開する方法であればGoogleグループやGoogle+コミュニティを作らずにURLを共有するだけで手軽にベータ版を公開できるので、とても便利です。
テストを配信してから反映されるまでに少し時間がかかりますが、通常のPlayストアのアップデートとほとんど同じように配信されるため、一度テスターになってもらったら次にテストするときにはアップデートボタンを押すだけでよくなるので、テストする側も手間がかからなくてとても良いですね。
まだベータテストを使ったことがない人は、ぜひ使ってみてください。

コメント

人気の投稿

【Android開発】Ubuntuで高速なAndroidエミュレータを使ってみる【Linux】

【Androidアプリ開発】AndroidでのOAuth認証が簡単に実装できるOAuthHelperを作ってみた

【Android開発】AppCompatのSearchViewのテキストカラーやアイコンを変更する