【Android】NW-Z1000シリーズのAndroid端末でキャプチャを撮る(Windows)

少し前に、Sonyのウォークマン「NW-Z1060」のキャプチャをWindowsで撮ろうと思ったところ、そのままではDDMSでデバイスが認識してくれず、少し手間取ってしまったので、メモとして(SDKをインストールしていない人もいるかもしれないので、一応SDKのインストールから)書いておきます。
今回の目的はキャプチャを撮ることですが、やろうとしてることはNW-Z1000シリーズのウォークマンでのAndroidアプリ開発環境を構築することと同じですので、公式のサポートサイトに書いてあることを参考に環境を構築していきます。
Android SDKをインストールしてある場合は、最初の説明は読み飛ばして構いません。


【Android SDKをインストールしてない場合はここから】

初めに、

http://developer.android.com/sdk/index.html

からAndroid SDKをダウンロードし、インストールします。
インストールが終わったら、

スタートボタン→すべてのプログラム→Android SDK Tools

の順にたどっていき、「SDK Manager」を起動します。


SDK Managerを起動したら、Google USB Driverにチェックが入っていることを確認し、「Install package」を押します。
ダイアログが出てきたら、「Accept All」を選択し、「Install」ボタンを押します。


これが終わったら、次にコマンドプロンプトからadb.exeを実行できるようにするため、Pathを通します。
Pathを通すため、はじめにSDKのadb.exeがあるフォルダのパスをメモ帳などにメモしておいてください。
そのフォルダは下記のいずれかの場所にあると思います。
ユーザー名は、Windowsのユーザー名)
  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\android-sdk\platform-tools
  • C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\platform-tools
  • C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools
では、実際にPathを通していきます。
  1. スタートボタンを押し、「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を押します。
  2. 「設定の変更」ボタンを押します。
  3. 「詳細設定」タブをクリックし、「環境変数」ボタンを押します。
    
    
  4. 下の段のPathをクリックし、「編集」ボタンを押します。
    
    
  5. 変数値の欄の一番最後に半角のセミコロン(;)が無ければ挿入し、その後ろに最初にメモしたフォルダのパスを貼り付け、最後に「OK」ボタンを押せば終了です。
  6. ちゃんとできているかどうか確認するには、コマンドプロンプトから「adb」と入力して、実行されればOKです。
【Android SDKをインストールをしている場合はここから】

まず、デバイスを認識させるための設定をします。
  1. NW-Z1000シリーズ側の「USBデバッグ」をオンにします。
    (設定→アプリケーション→開発)
  2. 下記デバイスの記述を「android_winusb.inf」の[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]内にそれぞれ追加します。(メモ帳で開いて、「 [Google.NTx86] 」を検索して、すでに記述してあるデバイスと同じような形で入力すればOKです。また、保存する際に文字コードに関するダイアログが出てきたら、指示にしたがってUnicodeで上書き保存してください。)
    ;SONY NW-Z1000 series
    
             
    %CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB¥VID_054C&PID_0691&MI_01
  3. 「android_winusb.inf」は、下記のいずれかの場所にあると思います。
    • 「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver」
    • 「C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver」
    • 「C:\Program Files\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver」
  4. 「C:\Users\ユーザー名\.android」の中にある「adb_usb.ini」をメモ帳で開き、「0x54c」と入力し、上書き保存してください。
ここまでできたら、次にドライバーのインストールをします。
  1. NW-Z1000シリーズの端末をPCにUSB接続します。
  2. スタートボタンを押し、「コンピュータ」を右クリックして、「管理」ボタンを押します。
  3. 左のバーの中の「デバイスマネージャー」をクリックします。
  4. 中央の枠の中に「ほかのデバイス」という項目があるので、三角を押して展開します。
  5. 「WALKMAN」という項目を右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」ボタンを押します。
    
    
  6. このようなダイアログが出てきたら、「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を押します。
    
    
  7. 「コンピュータ上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」を押します。
    
    
  8. 「すべてのデバイスを表示」をクリックし、「次へ」ボタンを押します。
    
    
  9. 「ディスク使用」ボタンを押します。
    
    
  10. 「参照」ボタンを押し、先ほどの「android_winusb.inf」を選択して「OK」を押します。
    
    
  11. 「Android Composite ADB Interface」を選択し、「次へ」を押します。
    
    
  12. このように表示されたら、「このドライバー ソフトウェアをインストールします」を選択します。
    
    
  13. 問題なくインストールが終了すればOKです。
これでようやくデバイスが認識されるようになったと思うので、早速DDMSを開いて、キャプチャを撮ってみます。

DDMSも、Android SDKのインストールフォルダの中にあり、下記のいずれかのフォルダの中にあります。
  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Android\android-sdk\tools
  • C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\tools
  • C:\Program Files\Android\android-sdk\tools
そのフォルダの中の、「ddms.bat」を開きます。

このような画面が表示されますので、左上の枠の中にデバイスの名前が表示されていれば、ちゃんと認識されています。
キャプチャは、デバイスの名前をクリックした後、「Ctrl + S」を押すか、
メニューバーの「Device」から「Screen capture...」を押すことで撮ることができます。

キャプチャを撮ると、こんな感じになります。


上に並んでいるボタンは、

  • Refresh
    Androidの画面をもう一度読み込んでキャプチャを撮る。
  • Rotate
    撮ったキャプチャを左回転する。
  • Save
    撮ったキャプチャを保存する。
  • Copy
    撮ったキャプチャをクリップボードにコピーする。
  • Done
    ウィンドウを閉じる。

という感じの動作をします。

これでおしまいです。
ちゃんとキャプチャを撮ることができましたね!
お疲れ様でした!

このブログの人気の投稿

【Android開発】Ubuntuで高速なAndroidエミュレータを使ってみる【Linux】

【Android開発】AppCompatのSearchViewのテキストカラーやアイコンを変更する

【Ubuntu】Ubuntuでの動画再生時でのチラつきを直す