投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

【Android開発】Android SDKとADTをアップデートしたらビルドできなくなった。

イメージ
Android SDKとADTをアップデートし、Eclipseを再起動したら、どのプロジェクトにも赤いビックリマークが出てきたり、annotation.jarが見つからないというエラーが出てきたりでビルドできず、困った状態になった。

とりあえずSDK Managerが起動した瞬間に消えるという現象にも陥っていたので、そこから直してみることにした。
Googleで検索して調べてみたところ、Javaのバージョンの問題など色々でてきたが、どれも解決には至らなかったので、結局Android SDKを再インストールしてみた。

すると、annotation.jarが見つからないというエラーは消えて、SDK Managerが起動しなくなるという現象は解決したが、
"The Project cannot be build until build path errors are resolved"  というエラーがまだ残ったままだった。

そこで、プロジェクトをクリーンしてみた。
すると、ようやく全てのエラーが消え、ビルドできるようになった。
エラーの根本的な原因はよくわからないが、とりあえず直ったので今回はこれでよしとする。

【Android】Wi-Fi経由でNW-Z1000シリーズのAndroid端末のキャプチャを撮る

イメージ
2012年12月5日に、NW-Z1000シリーズのAndroid 4.0へのアップデートがついに始まったわけですが、せっかくなので、Wi-Fi経由でNW-Z1000シリーズのAndroid端末のキャプチャを撮る方法を紹介したいと思います。

今回もAndroid SDKが入っていることと、Pathが通っていないとできませんので、わからない人は僕が以前書いた記事
【Android】NW-Z1000シリーズのAndroid端末でキャプチャを撮る(Windows) を参考にするか、検索などをして自分で調べて準備しておいてください。

今回はこちらのサイト
Wi-Fi環境でadb接続するには を参考にしました。

では、早速説明していきます。
Android端末をWi-Fiネットワークに接続します。接続したIPアドレスを確認します。(接続したWi-Fiネットワークの名前をタップすると表示されます)

コマンドプロンプト(Macの場合はターミナル)を開きます。
Windowsの場合は、「Windowsロゴキー + R」を押し、出てきたウィンドウのテキストボックスの中に「cmd」と入力すると開くことができます。Macの場合はアプリケーション一覧の中から探してください。コマンドプロンプト(またはターミナル)などからADBHOST環境変数に端末のIPアドレスをセットします。 Windowsの場合
set ADBHOST=IPアドレス Macの場合
export ADBHOST=IPアドレス コマンドプロンプト(またはターミナル)などから「adb kill-server」を実行します。コマンドプロンプト(またはターミナル)などから「adb start-server」を実行します。これで、DDMSで認識されるようになったので、Android SDKのフォルダの中のtoolsフォルダに入っている「ddms.bat」を開きます。成功していれば、このように端末がエミュレータとして認識されます。
後は、名前をクリックしてから「Ctrl+S」を押すか、上のメニューの「Device」の中の「Screen capture...」を押すと、キャプチャを撮ることができます。実際にキャプチャを撮ると、こんな感じのウィンドウが表示されます。ステータスバーにUSB接続のマークがついていないことから、USB接続せずにキャプチ…