投稿

2017の投稿を表示しています

「個人でアプリを11個公開した結果」と「Function introduction of Google Play Services」というタイトルでDroidKaigiに初めて登壇した

DroidKaigiというエンジニアが主役のAndroidカンファレンスに初めて登壇しました。
今までAndroidの勉強会などで5分のLTをすることは何回かありましたが、DroidKaigiのような大きなカンファレンスで30分の講演をするというのは初めての経験で、色々なことがあったので書き残しておこうかなと思います。

発表内容 まず発表したスライドを載せておきます。





トーク応募 DroidKaigiでは、開催前にトークの応募期間というものがあります。
なので、その期間に自分が話したいことの概要をまとめて応募しました。
DroidKaigi 2015、2016で応募されたトークリストを確認することができたので、私はそれを参考に、応募要項も確認した上で、どんなことを書けば良いのかなぁというのを考えていました。

実際に応募したのは以下の2つです。

「Function Introduction of Google Play Services」 これは、自分が調べて実際に検証などもした「Google Sign-In」「Google Plus One Button」「App Invites」についての話です。
タイトルは悩んだ結果、すべてGoogle Play Servicesに関連するお話だったため、「Google Play Servicesの機能の紹介」という風にすごくざっくりまとめてみたのですが、
なんだか日本語だと微妙な感じだったのでなんとなく英語のタイトルにしてみました。

「個人で11個のアプリを公開した結果」 これはタイトル通り、個人で11個のアプリを公開した結果どうだったのか、というお話です。
この話に興味がある方がいるかどうかが分からなかったのですが、2011年頃から個人で様々な種類のアプリを開発・公開している人はそう多くはないでしょうし、実際どうだったのかという数値を交えた分析結果も個人でないとなかなか出せるものではないと思うので、応募してみることにしました。

これら2つのトークを応募した結果、なんと驚くことに2つとも採択していただきました。
本当にありがとうございました。

2つのうちどちらか採択されたら良いな、という思いで応募したので、まさか2つとも採択していただけるとは思ってもいませんでした。

1つ断ることもできたのですが、初めての大きなカンファレンス…